婦人

アベンヌ・ウォーターは今注目のスキンケア化粧品

どうして起こるのか

女性

肌が乾燥して突っ張ったり、粉をふいたりしていて困っているという人は多いです。特に乾燥しやすい寒い季節では、この悩みを抱えている人は多いでしょう。そういった中には、脂性乾燥肌で悩んでいる人もいます。これは、別名でインナードライとも呼ばれており、症状としては肌の表面は脂が浮いてきてテカテカした状態なのに肌内部は水分が非常に少なくて乾燥している肌の状態のことになります。見た感じだと毛穴の開きやテカリなどが気になる混合肌や脂性肌と似ているので脂性乾燥肌だというのに気がつかない人もいます。ですが、最近この肌質になってきている人が増えてきています。どうして脂性乾燥肌になるのかといえば、紫外線の刺激や過剰な洗顔などによって角質層が乾燥してしまってダメージを受けてしまいます。角質層は、肌の外側にある層で内側の水分の蒸発を防ぐ役割やウイルスの侵入をブロックするという役割があります。しかし、肌にダメージを受けてしまうことでターンオーバーが追い付かなくて未熟な角質層しか作れなくなってしまって、バリア機能の低下が改善されない状態になり、脂性乾燥肌となってしまいます。

この肌の対策としては、洗顔方法をまず見直しましょう。ゴシゴシと力を入れて洗っているのなら、そのせいで肌にダメージを与えている可能性が高いです。洗顔ネットなどを使用すれば、ふわふわでしっかりと泡立った泡を作ることができるので優しく汚れを除去できるようになります。洗顔後は必ず保湿することも忘れないようにしましょう。そして、紫外線対策も大事です。これを対策しなければ、外出するたびに肌へダメージを与えている状態になるので、日焼け止めなどを使用して対策するようにしましょう。